リッピ手をつけるとけろりと治った。さんも死国足球場0じゅうはどう組み合わせ「情報」国足はち日昆明ウォームアップで甲隊リッピ親時卓尔相手テンセントスポーツじゅういち月さんじゅうに強い日へ向けてよんしよ場、国足場はゴール数はかわいそうな0 . 5のボール、かつ3試合相手ゼロ通。このようにすることは、攻撃力がないのは国が12強の試合の初期の実績の一部の主要な原因です。正式な契約から就任して、12強の試合の中でホームにカタールと対戦することになりました。イタリアがどのように攻撃しているのかが、人々の注目の焦点となっている。国の足前線は、元の監督であることを考えていたので、新一期の国家チームのリストに7人が選ばれていて、意外とは思わない。しかし気になるのは、この7位に国家チームが選ばれた選手の中では、葉を売るだけの攻撃者である。したがって、この場合は、新しい1つの国家チームの攻撃ラインを分析することができます。この先抜粋の攻撃型選手は、基本的には国内競技場の優れた者である。最も注目されているのは、自然によるものである。これまで4回の12試合については、こだわりが話題になっていたが、前フォワードのソースを打ったが、かなりの高さを発揮した。人を売るに至っては,根を張っているにしても志をもっていても,いつまでも重用されていない。当シーズンに14粒のリーグ戦が入っていたが、フィールドにはオリジナルボールが入り、4年連続で本土の射手王になった。同時にキャッチボールにおいては、脅威ボールや伝の面を転送することによって、ソースの発揮とデータを送信することができます。だからこのような攻撃型の人材については、こだわりがない。このようになる前フォワードの位置は非常に一般的であることを考えています。それによって、絵を使うときには、絵が使われている時に、影の位置や前衛的な位置に配置されている可能性があります。このようにして、ソースのアップグレード能力とパイロット力を発揮することができ、さらに最大限に武家の能力と得点能力を発揮することができます。実際には、新聞を使用している場合には、相手の防御線に集中していない「集中火力の下」を選んではいけないということであり、それに十分な攻撃空間と自由度を与えている。武磊以外では、郜林今季も活躍を発揮する。郜林はゴールのことはあまりないが、しかしその援護攻撃はじゅうに度に達して、これも郜林本シーズンの中国プレミアリーグの援護攻撃王、伝送能力も非常に顕著な脅威ボール。よく知られているのは、葉を売るのが自慢の愛であり、シルバーリングも成功していたのは、オリジナルの改造を成功させ、伝えることができる右前線になることに成功しています。今では、日本では、日本では、ブランドを使用しているのは、人々は、どのように「定義」を使っているのか、最も可能な一つの選択は、この位置において、技術的な特徴を最大限に発揮することができるからである。リーグ戦の中で大ヒットしたのは、葉があって、葉があって、葉があって、葉があって、自慢しています。技術の全面的な曹赟定ついに代表に選ばれ、そのリーグ戦での発揮に明らかで、よんしよ進出ボール送り出すきゅう、く度援護攻撃を打ちながら、左路の申花魔翼と輸送直栓球伝で表現さもすばらしかっ。张稀哲に至っては、曹赟定の特徴と非常に似ている。能の中でまたそばにいることができるようにしていることができないのが自慢していることができることができないことができなくて、似ていることができません。また身の黄博文リッピ愛に属する技術型ハーフで、恒大時より喜んでリピしては黄博文手配中路のための強化に前場の支配力はもちろん黄博文パス能力とロングシュート能力もリピが重視する。特にこれは、今のところイタリアの国家チームを握っている時にも、広さを握っている時にも、足元があって、体がまたアップできるセンターセンターを採用したいと思っています。小将张玉宁は経験不足だが、これまで何試合を見ると、身長体壮の张玉宁ちょうどそれは足元が技術は一定の能力のセンターフォワードパス。だから、ソースの下では、非常に信頼されている可能性があります。シルバーシルバーはどのようにして国の足の攻撃の群れを攻撃するのが上述のようで、もし目下の国の人が配置して見るならば、旗が攻撃の端で選択して、配置と改造の空間を配置することができて、実はやはり比較的に大きいです。例えば武磊、曹赟定、郜林、张玉宁と黄博文こんな者を組み合わせた時、中国代表の技術的優位を最大限に表現して、その時、攻撃の端に地方の選手はどんなになって城寨の中堅力を抜いて、頻繁な転位と立体的攻撃が相手の防御線多大な破壊。しかし、このようなものであることがあります。このようなものであることがあります。また、郜林、于大宝、黄博文、武磊と曹赟定これらの选手を組み合わせた時、攻撃国足套路の多様化やレベル感は最も理想的なのかもしれない。そしてほどリッピでカードの戦いでどう調達国足攻め線、期待したいでしょう。(文初)

里皮妙手回春?3场0球困死国足 10将如何搭配 【资讯】国足8日昆明热身中甲队 里皮亲点卓尔当对手 腾讯体育11月3日 12强赛前4场,国足场均进球数唯有可怜的0.5球,且有三场比赛被对手零封。由此可见,进攻乏力是国足在12强赛初期战绩差强人意的一个主要原因。而从正式签约上任,到率队在12强赛中主场对阵卡塔尔,留给里皮用来备战的时间并不多。而意大利名帅如何玩转国足攻击线,一时间也成为了人们关注的焦点。国足锋线乏力考验里皮考虑到里皮曾是恒大主帅,所以在新一期国家队大名单中,有7名恒大球员入围,并不让人感到意外。但是值得注意的是,在这7位入选国家队的恒大球员中,唯有郜林与黄博文算是一线进攻球员。所以在此情况下,不妨推演与剖析一番新一期国家队进攻线,可能会出现的阵型配置与战术布置。纵观里皮此番摘选的攻击型球员,基本上都是国内赛场上的佼佼者。而最为惹人关注的,自然是武磊与郜林。此前4场12强赛,武磊备受高洪波重用,但是打突前前锋的武磊,却发挥得差强人意。至于郜林,无论是在佩兰麾下还是在高洪波麾下,始终没有得到重用。武磊在本赛季打入14粒联赛入球,场均打入0.47球,连续第四年荣膺成为本土射手王。同时在助攻,传送威胁球及传中方面,武磊的发挥与数据,也是可圈可点的。所以对于这样一位进攻型人才,里皮定然不会弃之不用。同时考虑到武磊在突前前锋位置表现得甚是一般,故而里皮在使用武磊时,很有可能将其安排在影锋位置或前卫位置上,这样既能发挥出武磊的策应能力与助攻能力,又可以最大限度的激发出武磊的前插能力与得分能力。事实上,埃里克森在使用武磊时,就是选择不让武磊暴露在对方防线的“集中火力之下”,并给武磊以足够的进攻空间与自由度,而事实证明,埃里克森的选择是非常正确的。除了武磊之外,郜林在本赛季的发挥也十分出色。郜林虽然进球不算太多,但其助攻却达到了12次,而这也让郜林成为本赛季的中超助攻王,传送威胁球能力也非常突出。众所周知的是,郜林是里皮的爱将,银狐也成功的将郜林改造成为了一名能突、能传又能射的右边锋,所以郜林能够在今年成为联助攻王,离不开里皮在当年的指导与调教。如今里皮挂帅国足,郜林定然会受到重用,至于里皮将如何“定义”郜林,最有可能的一种选择就是继续让郜林打右路,因为在这个位置,郜林的技术特点可以得到最大限度的展现与发挥。较之于在联赛中大放异彩的武磊与郜林,像曹赟定 、张稀哲、于大宝、黄博文与孙可等进攻型球员,也在联赛中展现出了自己的能力与特点。技术全面的曹赟定终于入选国家队了,其在联赛中的发挥有目共睹,打入4球且送出9次助攻,同时打左边路的申花魔翼在传中与输送直塞球方面表现得也尤为出色。至于张稀哲,则与曹赟定的特点非常相似。不同于能中又能边的曹赟定与张稀哲,像于大宝、孙可与边路多面手张呈栋属于边路突击手,他们在临场比赛中的突袭能力相对更强一些。另外身为里皮爱将的黄博文,属于技术型前卫,里皮在执掌恒大时更愿意将黄博文安排在中路,以求增强中前场的控制力,当然黄博文的传球能力与远射能力也是里皮所看重。特别值得一提的是如今效力于荷甲的张玉宁,因为无论是执掌意大利国家队时还是执掌广恒大时,里皮都很愿意启用那种有脚下,有身体又能策应的中锋。小将张玉宁虽然经验不足,但从此前的几场比赛来看,身高体壮的张玉宁恰恰属于那种有脚下技术又具备一定传球的能力的中锋。所以在里皮治下,张玉宁很有可能备受青睐与重用。银狐如何玩转国足攻击群综上所述,若是以眼下国足人员配置来看,里皮在进攻端可选择、调配与改造的空间,其实还是比较大的。例如像武磊、曹赟定、郜林、张玉宁与黄博文这般人员组合在一起时,国足的技术性优势将得到最大程度展现,届时,在进攻端中的二线球员将成为摧城拔寨的中坚力量,而频繁的换位与立体性攻击,很有可能给对方防线带来巨大杀伤。而当于大宝、郜林、武磊、张玉宁、孙可这般攻击手组合在一起时,国足在进攻端的正面冲击力与反击时的突袭效果,或许将是最理想的。另外当郜林、于大宝、黄博文、武磊与曹赟定这些球员组合在一起时,国足进攻套路的多样化与层次感,或许将是最理想的。而至于里皮在中卡之战中会如何调配国足进攻线,让我们拭目以待吧。(文初)相关的主题文章:

 

Comments are closed.