イングランドの十大一番高い戸籍冊の選手:びっくりした人はイングランドの選手のうち3人が移籍した前にイングランドの選手の中で、株価(4900万ポンド)、株式会社(22万ポンド)と8万ポンド(3500万ポンド)が1度の移籍価格の上位3位を占めています。しかし、過去の移籍総株価のランキングでは、上位3人が彼らになっているのではないか。イギリスの「太陽報」は先日、イングランド選手による移籍総価の上位10位を記録した……第10位:株価総株価:2900万ポンド(長さが500万ポンド、犠牲者が2200万ポンド、100万ポンドになったことがある。”という言葉が登場した後に、葉が葉の下に来た何年かの年間で最も強力なリーグ戦のトップの1つに成長した。2006年に帰国することになった後、妃は妃飴の出場142場で7球に入り、2007年5月には初めてイングランド国家チームに選ばれた。穏やかな表現にもメッセージを集めていたが、2009年8月には「一億計画」の一員として、最終的には2009年8月には株式市場に上陸した。株価は1度は他のチームが主力として所有していたが、最后に9球に入り、1度はチームの絶対的な主力であった。しかし、年齢が増えるにつれて、イギリスのガードが普遍的に存在していることが発覚し、後ろから保護能力が欠けていた。ラストシーズンでは、最終的に女王公園巡りの優勝者を逆転させていたが、最后のカギとなった最后のキーレースでは愚かなシュートミスが上演され、相手前線が一時的にスコアを出した。2014年の夏、莱斯科特低価格に切り替える西布罗姆ベイチし、その後もアストンヴィラチームに来て。ヴィラシーズンで降格された後、今年の夏アテネAEK発表サインこの名イングランド中衛、彼はこのギリシャ強豪を引き続き自分のキャリア。第きゅう、く名:スコット-パーカーの総価値:3200万ポンド(チャールトンからチェルシーせん万ポンド、チェルシーから纽卡650万ポンド纽卡~ウェストハム700万ポンド、ウェストハム~トテハンム550万ポンドトテハンム~フルハム300万ポンド)は2003年に持ってPFAプレミアリーグの最優秀若い球员のパーカー、そのシーズン終瞭後に移動され蓝军チェルシー陣の中に。しかし彼の人生は順調ではありませんが、陣の中では馬というものがあります。カッコイイにもかかわらず、チームに残ってほしいと思っていたが、2006年のワールドカップに参加したパーカーは、やはり脱退を選んだ。パッケージに加盟した後に、パーカーとソースが一緒にニューキャッスルの真ん中の障壁を構築していた。流浪の多いチームのパーカーだったプレミアリーグの新人王2007年に戻るには、ロンドンのパーカーで700万ポンド加盟ウェストハム。ハンマーで手伝いの数年の中に、パーカーの場にもっと素晴らしい表現が、全体のチームにとっては焼け石に水。2010 – 11シーズンで、パーカーの獲得イギリス記者協会(FWA)の選考のシーズンで最優秀選手の称号が、西汉姆联は格下げされた。その夏の移籍窓口の最後の日には、パーカーは600万ポンドになります。かつてのプレミア新人王は、1回の流浪を経験した後に、今、彼は元のボスチームに力を尽くしていた。第8位:株価総株価:59万ポンド(リーズ連紙500万ポンド)、2009年には16歳になっていたが、今年は16歳になります。その後は、オリジナル戦で最も若いゴール者となった。リーズでの成長を経験したのは、チームの未来になりましたが、リーズとともに順位を上げ、クラブの財政問題も大変だった。リーズというのは、との間に登場していたのではないかということで、李さんは今シーズンにわたってレンタルされていた。このアジアのプロモーションでは、プロは自分のキャリアのピークを迎えた。彼は10 – 10年度の最高青年選手に選ばれ、2010年の夏に再び移籍し、2600万ポンド(800万ポンド)の高値で参加した。夜に5シーズンの明るさが過ぎてきた後、海は去年の夏、自由体でリヴァプールに移って、自分の生涯の新しい1章を開きました。第7位:株価総株価:46万ポンド(株価は約1200万ポンド、リヴァプールは2000万ポンド、リヴァプールからは500万ポンド、株式会社で700万ポンドまで)、株式市場でデビューしていたものが、2009年夏までに、1200万ポンドに達した。では、葉の翼の翼の組み合わせによるものを発揮していたのですが、価格が高くなってしまった後のシーズンでは、リヴァプールでは2011年夏には2000万ポンドの価値があります。リヴァプールでは何度も必死で必死になってしまったのですが、ついにはどこにもありません。旧シーズンでは、リヴァプールがリーグ戦で36回出場していたが、0ボール0の腕前を出した」。そして2012年夏ロジャーズ就任後、ダウニングは捨て主力位置。リヴァプールで2つのシーズン中、計91回出場ダウニング進出ななしちボール援護攻撃じゅういち度、効率の低下が少なくない。徹底的に代わりになった後、彼は2013年にドイツを離れ、リヴァプール600万ポンドにバーゲンセールされた。しかし、イングランドの国家チームのリストに再び選ばれた。2015年の夏には、葉を選んだものを選んでいたのが、今までも必死で必死になっていて、チームは1シーズン後に再開しました。第6位:奥奥さん:第6位:4800万ポンド(リーズ連合から1800万ポンド、リーズは3千万ポンドまで)実際に2000年になると、リーズとの間では、当時の全英移籍費記録を破った。その後間もなく戴上キャプテンマークの助けを打ち込んだチーム欧冠は、2002年の夏に再度更新移籍にライバルのマンチェスター株。世界最高の価値のバックのリオではファンには愛と憎しみにはリーズ聯ボールファンミーティングそう感じは、マンチェスター効力の間、彼はも一度が他のチームとのスキャンダルがずっと安定の発揮。その時代の最高峰は2008年の夏で、チームメイトたちとヨーロッパのトップに登った。12年の紅魔の生涯、長さが出てきて300に8つのボールを入れて、6つのプレミア優勝のカップと1基のヨーロッパ冠の優勝のカップを獲得します。フェルディナンドの紅魔生涯2014年夏に終止符を打って、彼と一緒に離れても维迪奇、これはかつて制覇の組み合わせてヨーロッパ中衛別れ、マークマンチェスターにひとつの時代が終わる。第ご名:クラウチ総価値:4956万ポンド(トテハンムから女王公園めぐり者ろく万ポンドを巡る者からポーツマス150万ポンド、ポーツマスからアストンヴィラ500万ポンド、ヴィラ~サウサンプトン300万ポンド、サウサンプトンからリヴァプール700万ポンドリヴァプールから樸茨茅斯1100万ポンドポーツマスからトテハンムせん万ポンドトテハンムからストック城1200万ポンド)「移籍王」「目」クラウチのキャリアは、ある意味でも彼を助長した総価値が高まる移籍。メンバーとしての梯トテハンムは、2001-02シーズン後、クラウチに移籍し、効力はすべていくつかのプレミアボールが下流を含め、ポーツマスやアストンビラ。その中で二つの季節クラウチアストンヴィラ期間、延べ37場に入って出陣ろくボール。最后のシーズンでは、ソースが加盟している唯一のシーズンには、27回のリーグ戦で12粒のゴールが入っていたが、データはソースの事実に落ちていたが、ブランドは優れた表現でリヴァプールへの人気を得た。リヴァプールの3つのシーズンの中では、ソースの生涯を通じていても、最初は最初にリリースされていないが、比較的安定したゴール効率を維持している。2007年3月のアーセナルと対戦した試合では、左足と右足、頭がそれぞれゴールに入った。この3粒のゴールは「完璧な帽子の手品」と呼ばれ、印象的だった。リヴァプールから離れていたのは、元に戻ってきて、自分の母に戻ってきました。2011年には最終的にストック城に加盟して、このチームの歴史上最高の選手になりました。第4位:七百万ポンド(リヴァプールは3500万ポンド、リヴァプールからは1500万ポンド)と、多くの選手と同じように、2009年1月に20歳未満の彼は自分の第1の正式試合のゴールを打ち込んでいた。2010年のシーズンには、秋には、伝説の9番のユニホームを受け取った。若い世代は人々の期待を裏切るようにしていなかった。シーズン前半の前半には19回も出場して11球に入り、3位にランクインした。このようなすばらしい表現で、2010年11月に初めてイングランド国家チームに選ばれた。リヴァプールでは2011年1月冬の移籍期間中、リヴァプールのフォワードでチェルシーに移籍したチェルシーがチェーン効果を起こし、強力な前線の軍を補うことが必要です。最終的には3500万ポンドの高値で冬の移籍窓口が閉鎖された前にリヴァプールに加盟し、その時に多くの記録を記録した。当時の彼はイングランド選手の歴史上最高の選手だった。しかし、彼はリヴァプールに出て58回も出場して11球に入り、再び状態を取り戻すためにもっと多くの機会を獲得した。第さん名:斯通斯総価値:5050万ポンド(巴恩斯利~エバートン300万ポンド、マンチェスターエバートンから4750万ポンド)を連れ斯通斯最初トフィー陣の中に管理チームはじゅういち年モイーズが、若いイングランド中衛モイーズの後継者で、現任ベルギー監督马丁内斯手下が入れ本当の成長。すばらしいの守備位置感といい出しボールの能力を斯通斯足元になっイングランド予防線未来の10年間の希望、でも彼は移籍市場に遭う衆英倫強豪の争い。今年の夏には、「最高峰」という称号を受け取ったのは前の2シーズンで、一度はテリーの後継者になったチェルシーが、2600万ポンドのオファーを出したことがありますが、それは何と言っても満足できません。最終的には、今年の夏には、最高峰万ポンドの売り切れとなっており、史上最も高価な中村さんになりました。第2位:スターリング総価:52万ポンド(女王公園巡り者がリヴァプールに500万ポンド、リヴァプールにとって100万ポンド)2010年3月26日、赤軍リヴァプールを破ったは、フォード、チェルシー、チェルシー、チェルシー、ライバルを含む多くのライバルに署名した。年に16歳の米ポンドは、あと数年でリヴァプール陣の主力となっていたが、2014年にはその年のヨーロッパ代表賞を受賞した。ポンドは、ウリシーズンがリヴァプールで35回、7球7回に貢献した後に、米国では、米国では、米国では、米国では、10ポンドの移籍費を選択しています。株価の下では、ファンドはすべてのエネルギーを発揮できなかったが、それにつれて、ポンドは徐々に感じていた。第1位:株価-本特総株価:6000万ポンド(伊剛氏が300万ポンド、100万ポンドになっていたのが、では100万ポンドになっていて、ここにあるのは、最近では、このランキングでトップを獲得することができます。しかし、実際には今回の移籍データが記録されている。彼はイングランド選手の中で唯一の3回の移籍で少なくとも1600万ポンドの選手だった。1位は彼が……実は、2007年にトテハンム後、本特一度は高い効率の発揮、かつて2008 – 09のシーズンになるトテハンムチームの中の最高の射手。で移籍にサンダーランドの後、彼は更にシーズン轟進25ゴール。でも本特の職業生涯ピークは続き、転々としてアストンヴィラ後、よんしよ年間も彼の発揮され、一度はレンタルフルハム隊。2015年の夏、契約延長しないとヴィラ本特究極の選択と英冠ダービー郡契約の2年間、それが主流の視野から離れた。(麦饅頭)

英格兰十大最贵户口本球员:奇人压曼联曼城强人 卡罗尔、斯通斯和斯特林是英格兰球员单笔转会的前三名   在英格兰球员当中,斯特林(4900万镑)、斯通斯(4750万镑)和卡罗尔(3500万镑)占据了单次转会身价的前三位。不过,历次转会总身价的排名当中,前三名还会是他们吗?日前,英国《太阳报》盘点了英格兰球员转会总身价的前十位,创下单笔转会纪录的以上几名球员仍然在列,不过这份榜单里,还是有一些出乎人意料的存在……   第10名:莱斯科特   总身价:2900万镑(狼队至埃弗顿500万镑,埃弗顿至曼城2200万镑,曼城至西布罗姆维奇200万镑)   在狼队崭露头角后,莱斯科特在来到莫耶斯手下的几年间成长为英超联赛最强悍的中后卫之一。自2006年加盟埃弗顿后,莱斯科特在太妃糖出场142场,攻进7球,并在2007年5月首次入选英格兰国家队。莱斯科特稳健的表现也引来英超豪强的注意,作为曼城后防“一亿计划”的一员,他最终在2009年8月登陆伊蒂哈德球场,成为曼城重金打造的豪华阵容里的后防屏障。 莱斯科特一度是曼城后防主力   在曼城效力期间,莱斯科特出场160次打入9球,一度是球队的绝对主力,随队夺得了2个英超冠军、1个足总杯冠军和1个联赛杯冠军。不过随着年龄增长,莱斯科特也暴露出了英国后卫普遍存在的问题,他对身后保护能力的欠缺在一些比赛中显现出来。2011-12赛季,虽然曼城最终神奇地逆转女王公园巡游者拿下赛季冠军,但莱斯科特在最后这一场关键的争冠比赛中上演了愚蠢的头球回传失误,让对方前锋西塞一度将比分扳平。   2014年夏天,莱斯科特低价转投西布罗姆维奇,并在随后辗转来到阿斯顿维拉队。在维拉上赛季惨遭降级后,今年夏天雅典AEK宣布签下这名英格兰中卫,他将在这支希腊劲旅继续自己的职业生涯。   第9名:斯科特-帕克   总身价:3200万镑(查尔顿至切尔西1000万镑,切尔西至纽卡650万镑,纽卡至西汉姆700万镑,西汉姆至热刺550万镑,热刺至富勒姆300万镑)   曾在2003年拿到PFA英超最佳年轻球员的帕克,在那个赛季结束后被蓝军切尔西招至阵中。不过他的蓝军生涯并不一帆风顺,在阵中只能作为马克莱莱和兰帕德的替补,帕克并没有多少上场的机会。尽管穆帅希望他留在队中,但渴望参加2006年世界杯的帕克还是选择离队。加盟纽卡后,帕克与杰纳斯一起构筑起纽卡斯尔的中场屏障,成为了纽卡的常规首发并持续着自己稳健的发挥。 流浪多队的帕克也曾是英超新人王   2007年,重返伦敦的帕克以700万镑加盟西汉姆。在铁锤帮的几年里,帕克的场上表现愈加出色,但对整支球队而言只是杯水车薪。在2010-11赛季,帕克获得英国记者协会(FWA)评选的赛季最佳球员称号,但西汉姆联却惨遭降级。在那个夏天转会窗口的最后一天,帕克以600万镑身价加盟热刺。曾经的英超新人王,在经历一番流浪后,如今他正效力于英冠富勒姆队。   第8名:米尔纳   总身价:4300万镑(利兹联至纽卡斯尔联500万镑,纽卡至阿斯顿维拉1200万镑,维拉至曼城2600万镑)   在2002年,年仅16岁的米尔纳打破了鲁尼的英超最年轻出场纪录(直到2005年被詹姆斯-沃根打破)。随后在对阵桑德兰的比赛中,他又成为了英超最年轻的进球者。经历了在利兹联的成长后,米尔纳已经成为了球队的未来,但随着利兹联降级,俱乐部的财政问题也极为棘手,米尔纳最终在2004年被出售给了纽卡斯尔联队。 米尔纳在利兹联就已崭露头角   在纽卡期间,米尔纳曾被租借至阿斯顿维拉一个赛季,并在2008年夏天以1200万镑正式转会维拉。在这支英超老牌劲旅中,米尔纳迎来了自己职业生涯的高峰,他当选为2009-10年度的PFA年度最佳青年球员,并在2010年夏天再度转会,以2600万镑(800万镑由爱尔兰充抵)的高价加盟曼城。在蓝月亮度过了五个赛季后,米尔纳在去年夏天以自由身转投红军利物浦,翻开了自己生涯新的篇章。   第7名:唐宁   总身价:4400万镑(米德尔斯堡至阿斯顿维拉1200万镑,维拉至利物浦2000万镑,利物浦至西汉姆500万镑,西汉姆至米德尔斯堡700万镑)   在米德尔斯堡出道的唐宁,为米堡一直效力到2009年夏天,随后以1200万镑加盟了阿斯顿维拉。在维拉他与米尔纳的双翼组合发挥神勇,而在米尔纳高价转投曼城后一赛季,唐宁也在2011年夏天以2000万镑的身价来到利物浦阵中。 唐宁在利物浦几度挣扎,终于落叶归根   不过,唐宁在安菲尔德的日子其实并不如意。在2011-12赛季,唐宁在联赛中为利物浦出场36次,却交出了0球0助攻的尴尬答卷,也被球迷们戏称为“唐零”。而2012年夏天罗杰斯上任后,唐宁更是丢掉主力位置。在利物浦的两个赛季中,唐宁共出场91次,打进7球助攻11次,效率下降不少。在彻底沦为替补后,他在2013年离开了默西赛德,被利物浦600万镑甩卖到了西汉姆。不过,在西汉姆他重新找回状态,还一度重新入围了英格兰国家队大名单。2015年夏天,选择叶落归根的唐宁回到了还在英冠挣扎的米德尔斯堡,并帮助球队在一个赛季后重新升上英超。   第6名:里奥-费迪南德   总身价:4800万镑(西汉姆至利兹联1800万镑,利兹联至曼联3000万镑)   实际上当2000年,费迪南德加盟利兹联的时候,他就已经打破了当时的全英转会费纪录。在那之后不久就戴上队长袖标的他帮助球队打进了欧冠四强,却在2002年夏天再度刷新转会身价来到死敌曼联。成为世界最高身价后卫的里奥可谓是让球迷们又爱又恨——除了利兹联球迷会如此感受,在曼联效力期间,他也一度传出与其他球队的绯闻,但却能一直保持着稳定的发挥。 费迪南德是那个时代的最佳中卫   在2008年那个夏天,费迪南德与队友们登上了欧洲之巅。12载红魔生涯,费迪南德出场454场打进8球,斩获6座英超冠军奖杯和1座欧冠冠军奖杯。费迪南德的红魔生涯在2014年夏天画上句号,与他一起离开的,还有维迪奇,这对曾经称霸欧洲的中卫组合双双告别,也标志着曼联一个时代的结束。   第5名:克劳奇   总身价:4956万镑(热刺至女王公园巡游者6万镑,巡游者至朴茨茅斯150万镑,朴茨茅斯至阿斯顿维拉500万镑,维拉至南安普顿300万镑,南安普顿至利物浦700万镑,利物浦至朴茨茅斯1100万镑,朴茨茅斯至热刺1000万镑,热刺至斯托克城1200万镑)   “转会王”克劳奇“颠沛流离”的职业生涯,某种意义上也助长了他转会总身价的高涨。作为热刺的梯队成员,自2001-02赛季后,克劳奇频频转会,效力的都是一些英超下游球会,包括朴茨茅斯以及阿斯顿维拉。其中克劳奇在阿斯顿维拉两季期间,总共上阵37场射入6球。2004-05赛季,克劳奇在加盟南安普顿的唯一一个赛季里上阵27场联赛射入12粒进球,数据无助南安普顿降至英冠的事实,但克劳奇却凭出色的表现获得了红军利物浦的青睐。 克劳奇的生涯堪称颠沛流离   在利物浦的三个赛季中,克劳奇虽不能一直首发,但保持着比较稳定的进球效率。在2007年3月对阵阿森纳的比赛中他用左脚、右脚和头分别攻入一粒进球,这三粒进球被称为“完美的帽子戏法”而让人印象深刻。离开利物浦的克劳奇先回到朴茨茅斯,后又回到自己的母队热刺,在2011年他最终选择加盟斯托克城,成为这支球队历史上身价最高的球员。   第4名:卡罗尔   总身价:5000万镑(纽卡斯尔联至利物浦3500万镑,利物浦至西汉姆1500万镑)   和榜单上许多球员一样,卡罗尔也是年少成名,在2009年1月还未满20岁的他就打进了自己的第一个正式比赛进球,也帮助彼时的纽卡免遭三连败。2010-11赛季随着纽卡重返英超,卡罗尔接过了传奇的9号球衣。年轻的卡罗尔没有辜负人们的期望,在整个赛季英超前半段他出场19场打进11球,名列英超射手榜第三位,凭借如此出色的表现他也在2010年11月第一次入选了英格兰国家队。 卡罗尔在利物浦遭遇滑铁卢   2011年1月冬季转会期内,利物浦前锋托雷斯转会切尔西引发了连锁效应,急需补强锋线的红军瞄准了卡罗尔。最终卡罗尔以3500万镑的高价在冬季转会窗口关闭前最后一刻加盟了利物浦,并在当时创下了多项纪录:彼时的他是英格兰球员历史上单次转会身价最高的球员;也为纽卡带来了历史最高的转会费;同时超过托雷斯成为利物浦历史上身价最高的球员。不过卡罗尔的红军生涯颇为不顺,他在利物浦出场58次只打进11球,为了重新找回状态,并争取更多的机会,卡罗尔在租借至西汉姆一个赛季之后正式加盟铁锤帮。   第3名:斯通斯   总身价:5050万镑(巴恩斯利至埃弗顿300万镑,埃弗顿至曼城4750万镑)   将斯通斯最初带到太妃糖阵中的是执掌球队11年的莫耶斯,不过年轻的英格兰中卫在莫耶斯的继任者、现任比利时主教练马丁内斯手下才得到了真正的成长。出色的防守位置感和不错的脚下出球能力使斯通斯成为英格兰防线未来十年间的希望,也让他在转会市场上遭到了一众英伦豪强的争夺。 今夏斯通斯接过“最贵中卫”称号   早在前两个赛季,一度将斯通斯视为特里接班人的切尔西便为他开出过2600万镑的报价,不过这并不能让埃弗顿满意。最终,在今年夏天斯通斯以4750万镑的天价被瓜迪奥拉招至麾下,这让他成为了史上最昂贵的中后卫。   第2名:斯特林   总身价:5400万镑(女王公园巡游者至利物浦500万镑,利物浦至曼城4900万镑)   2010年3月26日,红军利物浦击败了包括曼联、曼城、阿森纳、切尔西和富勒姆在内的众多竞争对手签下斯特林。彼时年仅16岁的斯特林在随后的几年中逐渐坐稳利物浦阵中的主力位置,并在2014年荣膺那一年的欧洲金童奖。 斯特林在瓜帅手下已成为重要棋子   在2014-15赛季为利物浦出战35次贡献7球7次助攻后,斯特林选择加盟曼城,4900万镑的天价转会费让他成为了迄今为止最昂贵的英格兰球员。在佩莱格里尼手下,斯特林并未能发挥出全部能量,不过随着瓜迪奥拉的到来,斯特林逐步找到了感觉,成为曼城阵中本赛季发挥最好的几名球员之一。   第1名:达伦-本特   总身价:6000万镑(伊普斯维奇至查尔顿300万镑,查尔顿至热刺1650万镑,热刺至桑德兰1650万镑,桑德兰至阿斯顿维拉2400万镑)   如今只能混迹于英冠德比郡队的本特能够问鼎这份榜单首位,多少有些让人意外。不过实际上本特的转会数据还创下了一个纪录——他是所有英格兰球员中唯一一名在三次转会中身价都至少达到1600万镑的球员。 第一名居然是他……   实际上,在2007年来到热刺后,本特一度有着高效的发挥,曾经在2008-09赛季成为热刺队中的最佳射手。而在转会至桑德兰后,他更是一个赛季轰进25粒进球。不过本特的职业生涯巅峰并没有持续下去,在辗转来到阿斯顿维拉后,4年间他的发挥平平,一度被租借到富勒姆队。在2015年夏天,并没有和维拉续约的本特最终选择与英冠德比郡签约两年,从此远离了主流视野。   (豆包)相关的主题文章:

 

Comments are closed.